2億円マインド

1回目は他人が作った2億円の借金を押し付けられて、この借金を何とか完済し、2回目は自らリスクを取って2億円を借り、この2億円を元手に借金の完済と2億円の資産を作り出した「ゆう斎」さんは、あなた自身のキャッシュフローは以下の式で表すことができると指摘します。

あなたが発揮した能力x行動量x構造性

「思考は現実化する」で多くの人が勘違いしているように、行動しないで思考を変えれば現実が変わるといった過ちを犯しています。

行動しない限りは何も変わりませんし、行動をすることで思考が変わる場合が多いのです。
残念なことに、思考だけを変えても行動しようという気にならない場合は圧倒的に多いため、まずは行動から変えたほうがいいわけです。

さて、自分自身の能力と行動量はわかるとしても、構造性とは一体何でしょうか?
簡単に言えば、「レバレッジ」のことです。

個人でやるよりも、外注を雇ったり、会社を作って従業員や派遣社員などを雇い、複数の人で同じことをしたほうが成果が大きくなります。

また、手作業でしていたことを機械やコンピュータにさせれば、作業量は劇的に増えますし、現地で作業をしないといけないことが、コンピュータと通信回線で遠隔地でも同じように行えるなどのテクノロジーの進化により、個人でも飛躍的にレバレッジを利かせることが可能になりました。

大きく稼ぐ人は、例外なく、お金が増える構造を味方に付けています。

しかし、せっかく稼いだお金も、マインド面に問題があると、あっという間に失うことになりかねません。

「マインド面の問題」といっても、メンタルの病気にかかっていないといった話ではなく、お金に対する考え方や生活習慣に関する問題です。

その典型例が「お金は汚いもの」とか「清貧」などといった、お金を敵視する発想ですが、無意識のうちにお金を汚物のようにとらえてしまうのです。

「お金に色はない」という考え方もありますが、人間と同じで「良い部分もあれば悪い部分もある」という風に考えたほうがいいでしょう。

そこで、ゆう斎さんは「悪の聖化」を重視しています。
「善と悪」などといった、単純でありながら非現実的な二元論ではなく、人間関係と同じく、清濁併せ呑んだ上で浄化していくという器量の大きさが求められます。

これらを踏まえた上で、単なる凡人がお金で困らない状態に達するために何を考えて行動すればいいのか、ゆう斎さんがまとめたのが「2億円マインド」です。

  • 何もせずして、簡単にお金を得られると考えている人
  • 目先のお金が大事で自己投資にケチる人
  • 保証を求める人

このような人々は「2億円マインド」から最も遠いだけでなく、いつまでたっても、お金に困り続けることになりかねません。

>>「2億円マインド」の詳細はこちら

「2億円マインド」の内容

構造編(水の巻)

  • 2020年から稼げる構造は大きく変わる
    • 対立的搾取の時代から、永続的循環の時代に変わってきている
    • ロバート・キヨサキのクワドランドはこの20年間で大きく変わった
    • 従業員のキャッシュフローはあらゆる観点で劇的に苦しくなった
    • 経営者も、上場企業であれば吸収合併される危険性がある
    • 2020年以降、稼ぐ人は複数のクワドランドを持っている
    • 自営業者は格段に稼ぎやすくなった
    • 投資は時間対効果が高く、いつの世でも最も強い
    • 稼げない最大の理由はクワドランドがE(従業員)1つだけだったから
  • 富裕層以上の基本構造編
    • まずは良い循環エネルギーがある事
    • 大富豪は資産の多くが株式
    • 超富裕層以上の保有不動産の共通点
    • 不動産で数千万利益を出す人の共通点
    • フローとキャピタル、利益が大きくなるのはどっち?
    • キャピタルで大きな利益が出るのは、フローが良いから
    • 富豪の稼ぐ構造は決まっている
    • 複利を味方につける
    • 富豪程、優位性のある情報でお金を増やしやすい
    • 税制の優位性を身に付ける
  • 2020年以降の資産増加構造編
    • 収益の自動化構造を増やす
    • 収入源を1つにしない
    • 大きく稼ぐ人は、構造のどこかにレバレッジが必ずかかっている
    • 価値を掛け算で高めていく
    • 稼いでいる人は、どこかで大きな優位性を身に付けている
    • 競争しない事が稼げるコツ
    • 儲かる時のお金の増え方は、指数関数的である事を知っている
    • 大きくお金が動く所では、誰でも大きく稼ぎやすくなる
    • 難しいのは安く買うよりも高く売る事
    • 4つのクワドランドを全て経験している人は意外と多い
    • 成長曲線を描く
    • 攻防の一手は最善手が多い
    • 会社の器は代表者の器で決まる
    • リスクを理解しておく重要性
    • 税制から見た今後のトレンド

マインド編(火の巻)

  • 中庸マインド編
    • 何よりも重要なのは行動
    • 大欲を抱き、最後は無欲化に近づける
    • 好きな事に没頭する
    • 1つに集中する
    • 「世の為」への割合を増やしていく
    • お金を使う時に投資意識があるか
    • お金よりも時間の方が重要になる
    • 常識にこだわらない
    • 時節が来た時に動けているか
    • 需給が全て
    • 身近な人が反対する時チャンスが多い
    • 後悔しない選択をする
    • 完全、完璧主義にならない
    • 重要なのは今の自分に意義があるか
  • 陰陽転換マインド編
    • 因果、共通点、違いの3つを意識する
    • 少数派で優位性を築くには「何故」を追求する
    • 最悪の事態を一旦想定する事が、悪いどころか極めて重要な理由
    • 失敗した時の向き合い方
    • 嫌われる事が悪い訳ではない理由
    • 負の感情が多いお金を受取らない方がよいのは何故?
    • 楽しむ。時間。真剣。

道編(火水の巻)

  • 行動習慣編
    • 成功者は行動が速い
    • 成功者は決断が速い
    • 数多くの失敗は財産
    • 考えるのは5分まで、それよりネットで捜せば大体5分で解決できる
    • 思いついたら即実行
    • α波を出しつつ忙しくする
    • 物を減らす
    • 不要な部分は省く
    • 雑用はシステム化、外注化で組む
    • 1石5、6鳥を考える
    • まずは1割を貯める
    • 次に1割を与える
    • 時間が最も重要な財産になってくる
    • 関わらない重要性
    • 無駄使いはしない
    • 1人の時間の重要性
    • する事をしやすい状況をつくる
    • 最終的には没頭している状態になる
  • 億単位を稼ぐ人の共通法則
    • 億単位を稼ぐ人の自己投資は、書籍・情報等文字系が圧倒的多数
    • 過去メチャクチャ勉強した時期がある
    • 思考より直感で動く人が多い
    • 億単位の借金を背負わされた人は、億単位を普通に稼ぐ
    • 壮絶な人生を歩んでいる事が多い
    • 嘘のような本当の話が普通
    • 移動距離が長い
    • 恩師、尊敬する人は時空間距離が遠い傾向がある
    • お墓参り、ご先祖様を大切にする
    • 神棚を作っている人が多い
    • 占い好きが多い
    • 大きく稼いでいる人の食事の取り方
    • 最終的には早寝早起き
    • トイレが綺麗
  • これだけは気をつけよう編
    • 目先のお金を直接追いかけると、お金に逃げられる
    • よくある落とし穴。節約が目的になるとお金は大きく増えない
    • 投資が博打になったら負ける
    • 借金は原則、断固断る
    • 滅びる時は必ず内部から滅びる
    • お金の話の後出しジャンケン。確実に運気が逃げる
    • 注意する金額は50~100万円、次に200万~300万円
    • 群がると富が遠のく、1対1が富を築く元となる事は非常に多い
    • お金を失うポイントその1.見栄
    • お金を失うポイントその2.離婚
    • お金を失うポイントその3.不倫、異性、家系の乱れ
    • 私が、2億円の借金を背負わなくてはならなくなったその理由
    • 家系の乱れはあらゆる所で大変な思いを背負う事になる
    • もし、家系を乱しているなら、そこから最善の道を取る
  • 使命を見つけよう編
    • 家系の法則から見つける
    • 自身が興味を持って仕方が無いもの
    • 全託の愛を意識できるもの
    • 死ぬまでに絶対しておきたい事
    • 自分1人でどうやっても解決できない悩みに関するもの
  • 最後に
    • 当初の予定と変わった部分
    • 2050年頃、お金不要の時代は到来?
    • それまでは年々厳しい経済状況が続く
    • これからの時代、財を増やす時に忘れてはならない3つの事
    • 実現化させていく方法の総まとめ
    • あなたの心のあり方で、あなただけでなく社会全体が変わっていく

>>「2億円マインド」の詳細はこちら