低金利のカードローンとは

カードローンには、クレジットカード系、消費者金融系、銀行系のものがあります。クレジットカードを所有していて、カードローンを利用している人もいるかも知れませんが、金利はそれほど低くありません。消費者金融系と、信販系は、総量規制の枠内でのみ融資をすることができます。金融会社からお金を借りる時には、総量規制に基づき、収入の三分の一以下を借入金額にします。まとまった金額を借りたほうが金利は低くなりやすいですが、総量規制があって借入額に上限が設定されると、金利が下がりにくくなります。その点、銀行系のカードローンは、総量姿勢の対象外になっているものも多くあります。場合によっては100万円以上の融資を受けることができます。銀行は信用で成り立っていますので、消費者金融での金利の高いローンを組むよりも、銀行でお金を借りる方が安心できます。更に借入額が多いほど、一般的には低金利になりますので、銀行系のカードローンの方がお得になります。手続きが煩雑で、審査が終わるまでの待機日数が長く、審査が厳しいという点が銀行系カードローンにはありますので、そこは理解しておきましょう。お金を借りる時は、金利が低い方が返済はしやすくなりますが、実際に借りた金額によっても、利息のつき方は変動するものです。金融会社によっては、消費社系金融会社と、銀行系のカードローンとで、金利面にあまり違いがないということもあると言われています。興味を持ったカードローンがあったら、金利について調べてみるといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする