LP Creator

ランディングページ、セールスレター、キラーページなど、縦長のペラサイトを作成する際には、作業を効率化するためにテンプレートを利用することが一般的です。

ランディングページなどを作成するためのテンプレートとして、大きく以下の2種類にわけられます。

  • htmlサイト向けテンプレート
  • WordPressテーマ

どちらも一長一短があるという印象ですね。

htmlサイト向けテンプレートの場合、編集ソフトを使わないとhtml/cssなどのソースを直接編集する必要があることから、ちょっとした作業ミスでテンプレートが壊れてしまうことも珍しくありません。htmlの知識がない人にはハードルが高いと感じるのではないでしょうか?

逆に言えば、ツールの制約を受けることなく自由に編集ができるため、Webデザイナーやプログラマーからは好都合という意見もあります。

一方、WordPressテーマの場合は、Wordpressの編集画面が利用できますし、プラグインなどでも拡張できるため、ランディングページを簡単に作成できます。

しかし、一つのWordpressで複数のWordpressテーマを同時に稼働させることはできませんし、メインサイトなどと同じドメインに設置する際に新たにWordpressをインストールする必要がある(もしくは、マルチサイト対応に切り替える)など、面倒な手間がかかります。

その上、Wordpressそのもののバージョンアップなどのメンテナンスが必要になりますし、放置するとセキュリティ攻撃を受けるリスクが高まります。

そこで役立つのが「LP Creator」です。
Webツールのため、WebブラウザがあればOSに関係なく使用できます。

「LP Creator」で用意しているテンプレートは、レスポンシブWebデザイン対応は当然として、Bootstrapにも対応しており、スマホ向けに優れたページを簡単に作成できます。

「LP Creator」は、Wordpressと同じようにランディングページなどを作成、編集できます。
画像エディタも内蔵していることから、サイズ調整や画像の切り取りなど、自由にカスタマイズすることが可能です。

LP Creatorで作成したランディングページは、設置したいドメインのページ内にファイルを転送するだけで公開できます。
htmlサイトと同じように扱えるため、Wordpressとは異なり、メンテナンスは不要です。

>>「LP Creator」の詳細はこちら