リスニングパワー

英語耳を身につけるためには、日頃から英語を聞くようにしたほうがいいだとか、正しい英語の発音を身につければ自然に聞こえるようになると言った具合に、さまざまな指摘がされています。

しかし、毎日のように英語を聞いても、全く英会話ができない、英語を聞き取れないといったケースは決して珍しくありません。

その原因として、これまでに2,000名以上の日本の発音矯正を行ってきたというアメリカ人言語学者のスコットペリーさんは「周波数」をあげています。

日本語で話す際に用いる周波数と、英語の周波数は全く違うために、英語本来の音を聞き取ることができず、日本語に近い音に勝手に置き換えて理解してしまうのです。

これでは、いくら英語を聞いても意味がないことがわかります。

そこで、スコットペリーさんがエンジニアの協力を得ながら、日本人が聞き取れない英語の周波数をスムーズに身につけるために開発したソフトウェアが「リスニングパワー」です。

2週間で集中的に英語耳を構築することができ、30日後には英語の周波数をネイティブと同じように聞き取れるようになります。

>>「リスニングパワー」の詳細はこちら

リスニングパワーの内容

  • 「空港のチェックイン」の会話をリスニングして、30日後、どれだけ聞き取れるようになったか確認して下さい
  • カタカナ英語とアメリカ英語のアルファベットを交互に比較しながら聞いて発音矯正するドリル
  • 「空港でのチェックイン」の会話を聞くドリル
  • 「A~Zのアルファベット読み」以外の発音方法
  • アメリカ英語の母音の音を、単語と一緒に覚えるレッスン
  • 英語マスターのキーサウンド「母音」をシャワーのように浴びる
  • 日本でよく日本語として使われているカタカナ英語を、ネイティブ英語に直すドリル
  • カタカナ英語とアメリカ英語を聞き比べて、「正しい母音の発音」を身につけるドリル
  • 洋画を観ている時などに、日本人が「聞き間違えやすい」2つの似た音を、明確に聞き分けられる2分間の簡単ドリル
  • 「英語耳」になるのに必須である「キーサウンド」を身につけるドリル
  • 洋画を観ている時などに、日本人が「聞き間違えやすい」2つの似た音を、明確に聞き分けられる2分間の簡単ドリル
  • 間違って覚えるカタカナ英語を正しいアメリカ英語に補正する「英単語レッスン」
  • 日本人が2番目に間違えやすい母音「ihとii」を聞き分けるトレーニング
  • 母音の習得ドリルと「マーフィーの法則」
  • アメリカ英語でよく使われる母音「ahとUh」を聞き分けるドリル
  • 「2つの間違えやすい単語」を聞き分けられるようになるドリル
  • 聞き取れる周波数の「トーン」の音域をあげていくドリル
  • 「日本語英語」を矯正するトレーニング
  • 集中力を鍛える「数を数える」ゲーム
  • 「リスニング可能な音域を広げる」ためのトレーニング
  • アメリカ英語の「キーサウンドである母音の音」を周波数を使って脳に認識させるドリル
  • 日本語の会話を聞いただけでリスニング力を高めることができる不思議なドリル
  • 母音の音を聞き取れるようになるための「サウンドトレーニング」
  • 英語マスターのキーサウンド「母音」をシャワーのように浴びる
  • 似ている発音を聞き分けるトレーニング
  • 「AwとEr」のストーリー
  • 母音を復習してしっかりと身につけるドリル
  • アメリカ英語特有のAppleの「ア」の発音を身につける「リンゴの話」
  • 「夢は叶う」というストーリー
  • 数字のドリル
  • 自然な速さ「ナチュラルスピードの英語」を聞き取る耳を養うトレーニング
  • 母音を復習してしっかりと身につけるドリル
  • 母音の習得トレーニング
  • 日本人の苦手な子音「LとR」の音を聞き分けられるようになる「LとRの話」を聞くドリル
  • イディオムを覚える「ディナータイム」の話
  • イディオムを覚える「街中の評判」の話
  • 集中力を磨く「数をかぞえる」ゲーム
  • 「聴解範囲」を広げるためのドリル
  • 「アー(Ah)とアー(Uah)」の音を聞き取れるようになるドリル
  • イディオムを身につける「パーティータイム」の話
  • リスニング力を鍛える「サウンドドリル」
  • ネイティブ感覚をつかむ「Q&A」トレーニング
  • 日本語にない特殊な子音「バイブレーションサウンド」を身につけるドリル
  • 「状況に応じた英会話」でリスニング学習
  • TOEICテストのボキャブラリー対策

>>「リスニングパワー」の詳細はこちら