転職のための自己分析の内容

自己分析をきちんとしておくと、転職活動がうまくいきます。転職のための自己分析の具体的の内容とは、どのようなものなのでしょうか。自分のことを客観的に視点で分析することが、自己分析となります。細かな方法は様々ですが、どのような自己分析を行うかは、大筋で同じものがあります。はじめに、これまでのキャリアの棚卸しといって、自分の強みや新たな可能性を見つけ出す作業をしましょう。過去の経験や、評価の高かった物事などを、思い出してまとめてみます。これらのステップを踏むことで、自分にどういった能力があるかが見えてきます。なぜ自分は転職したいのか、どういう仕事がしたいのかというのも大事な自己分析の内容です。何をしていると達成感を覚えるのか、どんなことを柱に人生を作っていきたいかも、転職をするに際しては、大事なことです。自己分析を行うことで、転職先の企業に求めるものは給料なのか、勤務日数なのか、仕事内容なのかも見えてきます。細かい部分まで見つめ直すことで、働きたい会社のイメージが固まり、転職活動の役に立つでしょう。様々な角度から自己分析をすることで、転職活動を達成することができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする