先延ばし癖改善術

仕事や勉強、行政などへの手続きなど、締め切りが近づかないと始められないことが多くありませんか?

締め切りまで時間があるからといって、目の前の忙しいことを優先して後回しにしたり、今から取り組むのが面倒くさいといって先送りしたことは何度もあったと思います。

しかし、締め切り間際になって始めた挙げ句、「時間が足りない」といって嘆いても、自業自得と言わざるを得ません。

どうして、もっと早く始められなかったのでしょうか?

仕事などで24時間忙殺されていて、行政手続きをする余裕がないなど、本当に時間が足りない場合は仕方ありません。
他のことができる時間を作り出すために、計画的に取り組むのが解決策です。

一方で、時間があるのにやる気がない、無理やり始めても面倒になって止めてしまうなどと言ったケースでは、別の対策が必要です。

サボり癖などの悪い性格の問題だから性根から叩き直す必要があるとか、意思が弱いから、やる気がないからなどといった精神論を指摘する人が多いのですが、必ずしも正しいとは限りません。

「先延ばし人間」と「すぐやる人間」の違いは、思考習慣の違いでしかないと指摘をするのは、インフォセブンの酒匂敏郎さんです。

「思考習慣」というと、なんだか難しいことのように感じるかもしれませんが、極めてシンプルです。

  • 掃除するのに2時間はかかるなぁ
  • あれしてこれしてやることいっぱいあるなぁ
  • ・・・めんどくさいなぁ
  • また、今度にしようかな

このような一連の考え方のことを「思考習慣」と呼びますが、性格に影響されるものではありません。

あくまでも生活習慣の一部ですから、「先延ばしをしないための思考習慣」を身につけるだけで、先延ばし癖を簡単に解消することができます。

この「先延ばしをしないための思考習慣」を身につけるための具体的な方法を説明したマニュアルが「先延ばし癖改善術」です。

マニュアルの順番に従って実践することで、先延ばしすることなく、今すぐ取り掛かって終えられるようになります。
短期間でマスターできることに驚くのではないでしょうか?

時間に余裕が出るのは当然だとして、締切に追われながら作業に取り組むという追い詰められた精神状態に苦しめられなくなるのは大きいですね。
作業の品質アップにもつながりますので、周りからの評価も高くなります。

>>「先延ばし癖改善術」の詳細はこちら

先延ばし癖改善術の内容

  • 先延ばしする人の行動パターン
  • 先延ばしの3つの型
  • 病気の症状としての先延ばし
  • 大人のADHD
  • 大人のADHD 10の特徴
  • 大人のADHDの治療と対策
  • 先延ばし癖を治す方法
  • 心のブレーキ
  • 「すぐやる」習慣を身につけるための3つのアプローチ
  • 先延ばし癖を改善するための思考習慣
  • 仕事を先延ばしにしない5つの方法
  • 「すぐやる」習慣を身につける4つの簡単なコツ
  • 先延ばし癖を治す5つの方法

>>「先延ばし癖改善術」の詳細はこちら