あそびうたリトミック

幼児教育の一つとして注目されているのが「リトミック」です。
20世紀初頭に、スイス・ジュネーブの作曲家/音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズ博士が考案した音楽教育法です。

リトミックは、幼い頃からの音楽教育というだけでなく、身体的、感覚的、知的など「潜在的な基礎能力」の発達を促すのに役立つことが知られています。

リトミックを指導するにあたっては、教員免許などは一切不要です。
リトミックに関する知識やノウハウ、教え方などを身につければ、誰でも指導者になれますし、我が子の子育てに役立てることも可能です。

そこで、(一般社団法人)日本あそびうた音楽協会代表理事で池袋ピアノ・ボーカルスクール代表の坪田佳子さんが、バイエル程度の演奏力と知識があれば、誰でもリトミックを指導できるようになる教材「あそびうたリトミック」を作成しました。

あそびうたリトミックを実践すると、以下の成果が期待できます。

  • 楽器演奏や歌を歌うことを心から楽しめるようになり、表現力が豊かになります
  • 五感力を伸ばし、才能を発揮する土台を作ります
  • コミュニケーション能力を伸ばします

あそびうたは、音感リズム感を伸ばし、バイエル程度の演奏力でひきうたいができるように、作詞・作曲されたオリジナル曲ばかりです。

絶対音感・相対音感は「音のかくれんぼ」、ハーモニー音感は「分離唱」、リズム感は「体幹リズムに日本語のことばリズムをのせる」ことにより、バランス良く伸ばします。
また、ボディ・パーカッションで、おともだちの音に耳を傾けて、アンサンブル力を伸ばします。
手や足をたたき、大地を響かせることが生命力を目覚めさせてくれます。

>>「あそびうたリトミック」の詳細はこちら

あそびうたリトミックの内容

あそびうたリトミックは、

  • あそびうたリトミック(リトミックⅠ)
  • リズム遊び(リトミックⅡ)
  • 音感ソルフェージュ
  • 音楽ワーク
  • ボディ・パーカッションアンサンブル

という流れで音感、リズム感、ハーモニー感、楽典の基礎を伸ばしていきます。

あそびうたリトミックで使用するのは、以下のオジリナル19曲です。

  • あいさつであそぶ
    • はじめましておんがく
  • ごっこであそぶ
    • はらぺこぞうさん
    • おとしもの
    • おべんともって
  • 生活シーンであそぶ
    • すいすいおかたづけ
  • ことばであそぶ
    • いちご・ごりら・ラッパ・パイナップル
  • 自然を感じてあそぶ
    • 風のロンド
  • 裏拍リズムであそぶ
    • けろけろリズム
    • チクタクリズム
  • スタイルであそぶ
    • おむすびころころ
  • ことばのリズムをあそぶ
    • ぴかリズム
    • かっこうリズム
  • がっきのうたであそぶ
    • リズムタンバリンのうた
    • ほしのトライアングル
  • おもちゃのうたであそぶ
    • とりかえっこ
  • おはなのうたであそぶ
    • たんぽぽさいたにゃー
  • なりきってあそぶ
    • ゆけ!でんロボロケット
    • ようこそ!カレーパーティーへ
    • できたね!

>>「あそびうたリトミック」の詳細はこちら