カードローンの金利を比較するには

カードローンは、実際に借りたお金以外にもカードローン会社から金利分を請求されることになります。つまり借入したお金にプラスして金利分が返済総額となります。金利の低いところから融資を受ければ、返済時に支払わなければいけない金額は少なくなります。借りたお金が返すまでに日数がかかったり、高額の融資を受けた時には、返済に必要な金額も増えます。少ない利息で返済をするためには、低金利で融資をしてくれる金融会社を探すことが大事です。金利の幅は、法律である程度は決まっていますが、法律の範囲内であれば何%の金利でもいいので、その点については各社の裁量になります。一般的に金利は3%から18%程度ですが、3%で借入するのと10%で借入するのとでは返済額が大きく変わってきます。ただしカードローンで借入する場合は、金融会社の条件によって金利が変わってくることもあります。金利は、調べた時と、実際に借りてみた時とで、異なることもあるので、注意しましょう。定期預金口座を持っている人に対しては低金利での融資をしている銀行もありますので、どのカードローン会社がいいかは一概には言えません。低金利で融資ができるカードローン会社からお金を借りられれば、その分、返済が楽になります。カードローンを利用する時には、可能な限り金利の低い金融会社から融資を受けることで、月々の返済が容易になり、自由に使えるお金も多くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする