Links動画広告マーケティングスクール

動画広告で稼ぐ
というと、ユーチューバー達が行っているYouTubeアドセンスをイメージするかもしれません。

しかし、YouTubeで収益化するためのスタートラインのハードルは高くなる一方です。

YouTubeの収益化に関する規約は2018年2月に改正されており、登録1,000人と年4,000時間の再生がなければ、入会時審査すら受けることができないという状況です。

この条件を超えることは無理だと思って、YouTubeアドセンスで稼ぐことを諦めた人は少なくありません。

一方、YouTubeなどの動画広告を集客の入り口と考えて、収益化を他のところで行うことで、Youtubeアドセンスよりも多額の報酬を稼ぎ出している人もいます。

YouTubeなどの動画サイトの集客力は高いため、SNSなどと同じようにリンクを張って、他のサイトやブログなどに誘導すればいいわけです。

リンク先でアフィリエイトや商品販売、サービス申し込みなどを直接行ってもいいですし、この時点ではリスト登録を行って、ステップメールやメルマガで徐々に浸透させていくというのでも構いません。

Links動画広告マーケティングスクールは、短期間で最高月収189万円、最高日給16万円を稼がせた動画マーケティング手法と、海外向けマーケティング対策が学べるオンラインスクールです。

日本国内だけを相手にするのではなく、外国の動画サイト閲覧者もターゲットにすることで、それぞれの動画のアクセス数の飛躍的なアップを目指します。

これまでの受講生の実績を見ると、Links動画広告マーケティングスクールをはじめて2ヶ月、3ヶ月目で1日1万円以上を安定的に稼げるようになっています。

YouTuberなどのように、あなた自身が動画を撮影する必要はありません。
また、朝から晩まで休むことなく作業を続けたり、徹夜する必要もありません。1日1~2時間ほどの作業で初月から成果が期待できます。

なお、Links動画広告マーケティングスクールを実践するにあたって、パソコン/動画編集ソフトの操作は必要です。

パソコンはMac/windowsのどちらでも構いませんが、スマホやタブレットだけで実践することは無理です。
WindowsVPSなどを借りても意味がありませんので、パソコンを持っていなければ安物で構わないので購入しましょう。

また、Links動画広告マーケティングスクール内で動画編集ソフトの操作方法などの説明は行っているため、パソコンに不慣れな人でも心配ありません。
わからないことがあれば3ヶ月間の個別サポート(LINEかメール)で解決できます。

これまでの受講生の中にはパソコンに全く触れたことのない人もいましたが、受講中にパソコンの操作方法や動画編集ソフトの使い方をマスターしています。

>>「Links動画広告マーケティングスクール」の詳細はこちら