本質のコピーライティング大全

店舗でも買えるような商品をネットショップで販売する際には、値段が店頭よりも安いか、自宅に持ち帰るのが難しい、大きい重い商品でないと、なかなか売れません。

ネットショップ独自のおまけなども効果的ですが、店頭では品薄になっている商品でもない限りは、普段からネットショッピングに慣れている人以外は購入意欲は高まりません。

その一方、コンテンツや情報商材、通販限定の商品などを販売/アフィリエイトする場合は、セールスレターやランディングページなどを見て商品を購入したり、サービスを申し込んでもらう必要があります。

小売店などでは購入できない商品やサービスを販売することが一般的ですから、セールスレターやランディングページが読まれない限りは売上が増えません。

販売よりもリスト登録のほうが目的だったとしても、離脱率が高すぎるとスタート地点にすら立てないわけです。

そこで、売れる文章を作成するために、コピーライティングを学んだり、ライティングスキルを高めようと努力をするわけですが、市販の教材を購入して勉強しても、なかなか上達できません。

国語の成績が悪かったせいか、作文が昔から苦手だったのが原因かなどと考えがちですが、OFFICE SALES INNOVATIONの戸田丈勝さんは「表面的なテクニックに終始」していることが原因だと指摘します。

セールスレターやランディングページなどのライティングをするわけですから、成果として目に見える「成約率」や「反応率」を重視するのは当たり前だとしても、その前提条件が抜け落ちているケースがほとんどだと戸田さんは指摘します。

つまり、「買うべき人が買う」という前提条件が重要なポイントです。

購入意欲を刺激すれば、それほど欲しくなかったものでも衝動買いさせること自体は可能です。
しかし、無理やり売りつけた場合には、購入者の満足度は極めて低くなりますし、販売者に対する信頼も失われます。

店舗の接客担当で、そのあたりのさじ加減がうまい人だと、衝動買いを促しながらも満足度を高めるように、無理やり売り込まないように人間心理を考えながら接客をしています。

セールスレターやランディングページでは、接客担当者のように見込み客とのコミュニケーションを取ることはできません。

このため、期待の方向性を示すライティングが欠かせない要素だと戸田さんは指摘します。

本質のコピーライティング大全」では、「買うべき人の心」を動かすセールスレターやランディングページを書くために何を学んで実践すれば良いのかを説明しています。

この基本を身につけるだけでも、数千万円、数億円と稼ぐことができるようになる実力が身につきますし、購入後もクレームが少なく、多くの人が満足し感謝する「WIN-WINの関係」を作り出せるのです。

>>「本質のコピーライティング大全」の詳細はこちら