キャンドルトレード

ローソク足チャートは日本で編み出されたものです。

「世界初の先物取引」と言われる、江戸時代に大阪堂島(堂島米会所)で行われていた米取引で、米商人の本間宗久氏が開発したと言われていますが、歴史学者によると明らかに日付が合わない部分があるなど、信憑性が低いという意見が主流です。

本間宗久氏は酒田五法も開発したと言われていますが、こちらも真偽は不明です。

このローソク足チャートは、今では世界中のトレーダーが利用するほどに普及しました。

さて、長年にわたってローソク足チャートを見続けてきた人にとっては、この先の値動きが予想できそうなパターンというのが存在することに気づいているかもしれません。

相場はランダムウォークだから、今後の予想ができるわけがないという意見が一般的であり、レンジブレイクであったり、トレンドが一気に壊れてしまうなどの値動きが起こることもありますが、100%確実ではないとしても、それなりに高い精度で予測が付く場合も多いものです。

このような高い確度で出現する「値動きのパターン」を、相場の天底で見つけることができれば、逆張りでエントリーして反転するのを待ち受けるか、実際に反転してから順張りで狙うかは、あなたの自由としても、トレンド相場で稼ぐのには役立つのではないでしょうか?

この相場の天底に現れる「ローソク足チャートの値動きのパターン」をまとめたのが「キャンドルトレード」です。

デルタインベストメント合同会社とは別法人のデルタインベストメント(株)が販売しています。

>>「キャンドルトレード」の詳細はこちら

キャンドルトレードの特徴

キャンドルトレードは、投資商品や時間足(1時間足よりも長い足を推奨)を問わず、使うことが出来ます。
中長期のスイングトレード向きといえるのではないでしょうか。

1分足や5分足、15分足等の場合には、ノイズが大きくなる傾向があるために推奨されていません。
スキャルピングやデイトレードでは使いづらいです。

FXや株式、商品先物や株式先物、株式オプション、CFDなど、あなたがローソク足を使ってトレードをしているものであれば使えます。

ビットコインFXは短期間で乱高下する事が多いため、キャンドルトレードは使いづらい印象です。

キャンドルトレードのマニュアルは、以下のような構成となっています。

  • 具体的なエントリー方法
  • 利食いと損切りの効率的な方法
  • 極限まで損切りを浅くする方法
  • 利益の伸ばし方
  • ダマシを回避するテクニック

キャンドルトレードには、回数無制限の1年間のメールサポートがついています。
わからないことがあればメールサポートを活用するといいでしょう。

>>「キャンドルトレード」の詳細はこちら