Easy Words Analytics EWA

googleなどで検索した際に上位表示ができないと、あなたが作成したWebサイトやブログにアクセスしてもらう可能性は低くなるばかりです。

検索回数の多いキーワードで上位表示できるほどにアクセス数の増加が期待できますが、キーワードによって上位表示を実現するまでの難易度は全く違ってきます。

例えば、あるダイエット食品をWebサイトで売るために「ダイエット」というキーワードで1位を目指そうと思っても、ライバルがすでに数多くいる上に、上位に並んでいるのは健康アップデートで優遇された非営利目的のWebサイトが多いですね。

全くのゼロからはじめるには、ライバルに勝つだけでなく、(ダイエット食品のため)健康アップデートの影響を受けないだけの権威性と良質なコンテンツが求められます。

良質なコンテンツを作成するためには、相当な時間とコストが必要ですし、その間もライバルサイトはコンテンツを増やし続けていますので、勝つためのハードルは高いです。

一方、そのダイエット食品の商品名が「全くの無名」であれば、ライバルが全く居ないことも珍しくないため、なにも考えずにWebサイトを作っただけでも簡単に上位表示できます。

しかし、検索回数は非常に少なく、全くアクセスが増えないという可能性もあります。

このため、ある程度の検索回数があるキーワードで上位表示することが、無理なく商品を売るために欠かせませんが、キーワードリサーチやコンテンツ作成などに時間がかかるのが難点でした。

一般的には、以下のような作業を行います。

  • 上位表示されそうな「複合キーワード候補」を見つける
  • それぞれのキーワードに対してサイトを作成してコンテンツを追加する
  • 上位表示できたサイトに対してコンテンツや被リンクを追加する
  • 上位表示できれば維持できるように努力する/だめだったら諦める

これだけでもウンザリしてきたかもしれませんね。

この面倒くさい作業を効率化するためのツールが「Easy Words Analytics」(EWA)です。

  • キーワード選定を楽にするためのツール
  • ライバルサイトの状況を丸裸にするためのツール

がセットになっています。

EWAには、以下のような機能を搭載しています。

  • キーワード解析(PC、モバイル別に表示)
  • Yahoo!虫眼鏡解析(PC、モバイル別に表示)
  • 共起語アナリティクス
  • 共起語サーチ(PC、モバイル別に表示)
  • h1~h6タグ解析(PC、モバイル別に表示)
  • キーワード出現率解析(PC、モバイル別に表示)
  • キーワード配置解析(PC、モバイル別に表示)
  • コンテンツ文字数解析(PC、モバイル別に表示)
  • 被リンク解析(PC、モバイル別に表示)
  • 発リンク解析(PC、モバイル別に表示)
  • 単語の辞書登録

SEO専門業者などでは当たり前にやっていることばかりですが、今までには調べたこともないようなアプローチもあったかもしれません。

リサーチ結果を踏まえた上で、キーワード選定やコンテンツの作成・見直しに取り組むことで、闇雲に記事を増やしたり、被リンクを追加するよりも上位表示できる確率は飛躍的にアップします。

EWAはWindows専用ツールのため、Macパソコンやスマホ、タブレットでは使えません。

また、EWAを使いこなせそうな気がしない人にとっては「豚に真珠」で終わってしまうかもしれませんので、自分にとって必要なツールなのか見極めたほうがいいでしょう。

>>「Easy Words Analytics EWA」の詳細はこちら

購入者特典

>>「Easy Words Analytics EWA」の詳細はこちら