E-bookAcademy

>>公開は終了しました<<

電子書籍を作成して稼ぎたくありませんか?

電子書籍と言っても情報商材ではなく、amazonキンドルなどで読むことができる自費出版形式の電子書籍です。

印税率が35%~70%と、一般的な書籍と比べると圧倒的に高い上に、電子書籍であれば出版するまでに必要なコストが非常に安いことから、ちょっとしたコツをつかめば意外に簡単に稼ぐことができるのです。

紙の書籍を自費出版で出すためには数百万円程度の費用が必要なことが珍しくありません。
出版して稼ぐというよりは自己アピールの面が強いことから、ほとんどビジネスとしては成り立ちません。

また、商業出版までのハードルは高く、企画や原稿を持ち込んでも断られる場合が大半ですから、相当な時間とコストを浪費することになりかねません。

電子書籍を自費出版するのは難しいと思っていませんか?

電子書籍を登録するまでの手順自体は、最初のうちは全く分からなくても何度か経験しているうちにマスターできますので、それほど心配する必要はありません。

むしろ、電子書籍をamazonキンドルに登録しても、本当に買ってくれる人がいるのか、疑問に感じているのではないでしょうか?

あなた自身が思いつくままに適当に制作したような電子書籍だと、運が良ければ数冊程度は売れるかもしれませんが、安定的に稼ぐことは全く期待できません。
読者が読みたいと考える「需要」を全く無視して出版しても、自己満足でしかないわけですから当然ですよね。

株式会社Linksの白澤慶幸さんは、これまでに500冊以上の電子書籍を作成、出版してきた中で、売れる電子書籍を作成/出版する方法を確立したといいます。

この儲かる電子書籍の作り方をまとめたマニュアルが「E-bookAcademy」です。
動画で手順やノウハウを学ぶことができます。

E-bookAcademyの内容

E-bookAcademyでは、電子書籍そのものを販売することで得られる印税収入だけでなく、

  • アフィリエイトリンクへの誘導
  • メルマガ/ステップメール購読
  • ブログやSNSへの誘導
  • ブランディング

などの目的も実現できますので、一人の顧客に対して何度でも稼げるチャンスが得られるわけです。

しかし、電子書籍を作成するにしても原稿が用意できないといって悩んでいませんか?

その答えは意外に簡単です。

ネタさえ用意すれば、ゴーストライターに頼めば、指定したボリュームの原稿を作成してくれますし、プロのライターに頼まなくても、クラウドソーシングで外注ライターに執筆してもらえれば安価にできます。

E-bookAcademyの内容を学んでいたり、実践している中で何かわからないことがあれば、120日間のLINEサポートが用意されていますので安心です。