クレジットカードでのキャッシングと消費者金融の違い

キャッシングや消費者金融という言葉をよく耳にしますが、どのような違いがあるのでしょうか。キャッシングも消費者金融も、どちらもお金を借りるという意味では変わらないようですが、返済方法や融資のスピードなどの面で異なる部分があるようです。消費者金融の場合は、お金を借りる時に、返済のやり方について選ぶことが可能です。指定した口座から、毎月一定金額を引き落とすという方法もあれば、提携ATMから、期日になると手払いでお金を振り込むという人もいます。クレジットカードでキャッシング利用をした時は、カードの支払いでキャッシングの返済をします。クレジットカードを使ってキャッシングを利用していると、借りたお金ではなく、自分のお金を下ろしているような感覚になります。使い慣れてしまうと、自分の貯金を銀行口座から引き出しているように感じますが、借金には変わりないので注意が必要です。キャッシングと消費者金融では、融資までの早さが違うのも大きな差です。クレジットカードは、審査をしてカードを郵送するまで数日待つ必要があります。一方、消費者金融の場合は、手続きをしたその日にお金が借りられることもあります。スピーディな融資を望む場合は、クレジットカードより消費者金融のほうがいいでしょう。消費者金融に、行きづらさを感じる方もいるようです。金利については、どちら似たようなものです。とはいえ、両方とも、金融会社からお金を借りるという事実は同じですので、キャッシングも、消費者金融も、借りすぎないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする