円満退職をするための方法

転職先を決め、今勤めている会社を退社する時には、円満退職をしたいものですが、どんな予定で行動すると、円満退職が可能になるでしょう。人一人退職することになると、企業側としては会社の機能が滞らないような手配が必要になりますので、1カ月前にはやめる話をする必要があります。職場環境や、周囲の人の都合なども考えて、周りの人の仕事が増えないような日程を組みます。お金についての話も、退職が決まると同時に進める必要かあります。退職後にすぐ働くつもりでなければ、生活費の準備もいるでしょう。有給休暇の残りをどのくらい消化するかという問題もあります。退職1カ月前には、引き継ぎ手続きを始めなければいけません。ちゃんと引き継ぎができるかどうかが、円満退職ができるかに関わっています。後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料作成をする場合もあります。10日前になったら、あいさつ状を関係者に出します。円満退職をするなら、取引先会社に後任者を連れてあいさつにいくことも重要です。自分の机の周りはきれいに整理して、会社に返すものは一式揃え、パソコン内のデータもきれいにします。退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。円満退職をするためには、退職日までに余裕をもって自分が担当していた業務を引き渡しておくことが重要になります。これまでお世話になった会社に不利益を与えることのないように気をつけることで、円満退職ができるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする