カードローンとキャッシング

カードローンやキャッシングという用語を目にすることがありますが、それぞれどんなものなのでしょう。カードローンにしろ、キャッシングにしろ、どちらも金融機関からの借金ですが、両者の間にはちょっとした差があるといいます。カード発行時に決めた限度額や、金利条件で、何回でも借入が可能なものがカードローンです。クレジットカードや、キャッシュカードを使ってお金を借ります。返す時も、借りる時も、ATMやCDからお金を引き出したり、返済金を入金したりというやり方になっています。カードローンで融資を受けた場合は、事前の取り決め内容に従って、分割払いで返済を行います。多くの銀行や、ノンバンクが、カードローンでの融資を扱っているようです。クレジットカードや、キャッシングカードでの融資を受けられるものがキャッシングです。ATMやCDを使って、個人の信用を担保にして数万円から借り入れができます。返済ですが、カードローンと違って、事前に決まっている精算日になると、一括で指定口座から引き落とされるという仕組みです。けれども、キャッシングとして融資を受けていても、返済がリボ払いで金額が一定に保たれているところもあり、一概にカードローンとの違いであるとは言えません。金利については、キャッシングと、カードローンとでは、明確に異なる傾向があります。月に1回の支払い日が設定されているキャッシングは、カードローンより高金利になりがちです。キャッシングとカードローンとで迷ったら、より自分にとって使いやすいほうを選択するといいのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする