クレジットカード審査のチェックポイント

どんなクレジットカードでも、必ず申込みには審査がつきものですが、審査で行っていることとは何でしょうか。属性審査とは、申込者の年齢、年収、家族構成、勤め先、持ち家の有無などの個々の内容を点数化して、数字で信用の度合いを出していきます。同じ会社でずっと働いていて、月々の収入が常に一定額であれば、審査は有利になります。会社の規模や、その会社にどれだけの期間勤めているか、雇用の形は正社員か、臨時雇用なのかといった点も、クレジットカードの審査では大事なところです。現時点での、キャッシング利用状況も重要です。他社借入状況を確認するために、信用情報会社からキャッシングの利用状況を照会します。信用情報会社では、ローンの利用歴や、返済歴をチェックすることができます。返済トラブルの経験がある人は、審査をクリアしづらくなります。間をおかずに立て続けにクレジットカードの申込み手続きをしていると、信用情報会社にそのデータが残っていて、審査で断られる原因になったりします。キャッシングの返済のために、他のキャッシングを使っているという可能性を考えられてしまうためです。審査では、どんな家に住んでいるかねもチェックされます。持ち家で暮らしている人のほうが、信用度が高いと判断されます。審査を通過しやすくするには、一つの家に長く住んでいたほうが、信用の高い人だと思われがちです。一人暮らしの人より、両親と一緒に暮らしている人のほうが、連絡を取りやすくなるぶん、審査ではよいほうに評価されます。金銭的な状況が悪くても返済を続ける意思力と、収入、責任感があれば、クレジットカードの審査では有利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする