年齢による転職活動について

転職活動をやり遂げるには、年齢に応じた方策を組むことが大事です。以前は、35歳転職限界説という用語が存在しました。今では職を変えることは珍しくなくなり、35歳を過ぎての転職を成功させる人も大勢います。とはいえ、30歳になってからの転職は、20歳の頃と同様な転職活動をすることはできません。求人票を見ても、35歳以上を対象とするものはわずかです。人材が足りない分は、社内の昇進で補っているからです。自分の年齢が就職市場のどんな位置にあるかを自覚することが、転職活動の鍵を握ります。履歴書を作成する時、20際のころは、自分が何をしたいかを中心に自己PRをします。しかし、30歳になってからは、今まで何をしてきたか、どんな実績を上げてきたかが自己PR材料になります。経営者目線で会社のことを考えることができる人材であることが、30代になってからの転職活動では武器になるのです。30代に入ってからは転職をすることも大変ですし、20代のうちには経験していないような問題も起きるようになります。ゆっくりとした時間をつくるために転職をした結果、これまで以上に多忙になることもあります。年齢のことも考えた上で、転職に踏み切るべきかどうかを検討するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする