Flash Zone FX

>>本サイトでの公開は終了しました<<

Flash Zone FX」は2015年の販売開始以降、サポートを考えて、人数が増えすぎることがないように、販売停止と再開を断続的に繰り返しています。
それでも、累計3671名以上が購入しており、FXトレードマニュアルの中では非常に多い方です。

「Flash Zone FX」を作成したポール・ジモンさんも「Flash Zone FX」の販売を開始してから、マニュアルに書かれている手法を実践しただけで、3年弱で5億円近く資産を増加させているという実績です。

Flash Zone FXのトレード手法

「Flash Zone FX」は、最も相場が下がったときに買って、最も相場が上がったときに売るというスタイルの逆張りトレードです。
押し目を狙っていきますので、エントリーは「買い」のみとなり、「売り」からのエントリーは行いません。

逆張りはダマシにあった時の損失が大きいから危険という意見もありますし、実際にコツコツドカンで資金を吹き飛ばしているトレーダーが少なくないのも事実です。
それだったら、トレンドフォローのほうが相場の流れに乗るから安全だし、利益も狙いやすいのではないかと思うのではないでしょうか?

しかし、トレンドやレンジをリアルタイムに判断できない段階では、トレンドフォローをしたくてもできないという結果になりがちです。
上がると思って買ったら下がり、下がると思って売ったら上がったといった具合に、全くの見当違いなトレードを繰り返しているうちは、順張り・逆張りを選ぶ以前のレベルです。

まずは、これから上がるのか・下がるのかを判断するところから始める必要があります。

「Flash Zone FX」では、一旦上昇したものの、その後、勢いを失って再び上昇前の値に戻る「サイクルクローズ」の発生を確認します。
その後、フィボナッチ(フィボナッチ・リトレースメント)と言うテクニカル指標を用いて、タイトルにもなっている「フラッシュゾーン」を計算します。

「フラッシュゾーン」に突入した後、「相場の転換点」を迎えて反発したことを確認したらエントリーします。
具体的なトレードルールはマニュアルや動画で詳しく解説していますので迷いません。

エントリーポイントが決まれば、リミット・ストップの値は簡単に算出できますので、OCO注文を入れて放置しても構いません。

トレード勝率は60%程度、リスクリワードレシオは2~10以上となります。
通貨ペアや時間足によってトレードチャンスの回数は異なりますが、

チャートの時間足が大きくなるほど、大きなトレンドが狙えますので、リスクリワードレシオも大きくなる傾向があります。
一方、スキャルがメインの短期スイングトレードだとリスクリワードレシオは最大でも3程度におさまるようです。

Flash Zone FXの内容

  • 手法概要マニュアル(PDFファイル)
  • FX初心者向けトレード解説マニュアル(PDFファイル、動画)
  • トレード手法解説動画(合計10本)
  • 過去チャート検証動画(随時追加)

Flash Zone FX購入者特典

  • 180日間電話サポート(1回30分まで、回数無制限:平日のみ、正午から19時まで)
  • 180日間メールサポート(回数無制限)
  • 全額返金保証(累計20日間トレードしても損失に終わった場合、デモトレードのみでも可能)
  • 購入者限定LINE@
  • 購入者限定メールマガジン
  • リアルトレード動画マニュアル(初級者編、中級者編、上級者編)

2018年に追加された特典

  • 収益を1.5倍に増やすための秘訣を解説した動画
  • 完全オリジナル版資金管理シート(解説動画つき)
  • 勝ちパターン、負けパターン検証動画(合計50本)
  • スペシャル動画(長期的に勝ち続けるための秘訣を解説)
  • デモトレード解説動画(実取引に移行してからで戸惑わないためのポイント)
  • 経済指標発表後の急落を狙ったトレード解説動画
  • ポール・ジモンのリアルタイムトレードをオンライン視聴(2時間)
  • 仮想通貨に関する情報
  • 仮想通貨ウェビナー(Webセミナー)の開催(期間限定)

「Flash Zone FX」は、サポートの利用状況によって、販売停止/再開を繰り返していますので、一時停止になっていた場合には再開するまで待つ必要があります。
現時点では「Flash Zone FX」を購入できる状況だったとしても、予定人数に到達した時点で販売停止となります。
興味があれば早めに申し込んでおくといいでしょう。