文章リライトツール MSR

文章リライトツール「MSR」(メインサイトリライター)は、その名の通り、文章をリライトするツールです。
MSRはWindowsOSのみで動きますので、Macの場合はbootcampでWindowsOSをインストールするか、WindowsVPSが必要です。

MSRが、どのような動きをするのか、以下の動画で確認して下さい。

全自動でのリライトはできませんので、全て手作業で置き換えていくことになります。
動画を見るとわかると思いますが、ツールの操作性自体は、他社のリライトツールと変わり映えしません。
単語などを別の言葉に置き換えていけば、文意を変えることなく別の文章に変換できるというわけです。

初期設定で用意されている辞書に登録されているのが147,630語以上と豊富なことから、専門用語をフル活用するような文章でも無い限り、ユーザー辞書への追加作業がいらない場合が多いです。

MSRが優れているのは、単語だけでなく助動詞や助詞なども置き換えができるという点です。
もちろん、文法的におかしな助動詞や助詞が候補として出ないようになっていますので、リライトしたのは良いけれど、文章として成り立たないという心配はありません。

MSRは単語などの変換だけでなく、文字装飾なども行えます。

  • 文字サイズ
  • 太字
  • 斜体
  • 下線
  • 打ち消し線
  • リンク
  • 水平線
  • 左寄せ
  • 中央寄せ
  • 右寄せ
  • 番号リスト
  • 箇条書き
  • 文字色選択
  • 背景色選択
  • 文字数確認

>>「文章リライトツール MSR」の詳細はこちら

文章リライトツール MSRを使う上での注意点

文章リライトツール「MSR」には「検索機能&リンク先文章表示機能」が搭載されています。
どのようなものかは動画を見て下さい。

Webサイトによっては、パクリを防止するなどの目的で、マウスの右クリックを使えなくしたり、警告メッセージを出すところもありますが、検索機能&リンク先文章表示機能を使えば、全くお構いなしにテキストのコピーができますし、MSRを使ってリライトすることも可能です。

これでは、「Webサイトの文章をパクるための機能」と誤解されても仕方がないですが、あくまでもMSRを使う人を信頼しての機能ですから、著作権を正しく理解した上で有効活用する必要があります。

他人のWebサイトのコンテンツを丸パクリした状態でアップし続けると、パクリ元のサイト管理人などからメールや内容証明郵便で警告が来たり、損害賠償請求の訴状が来る場合もあります。

また、デジタルミレニアム著作権法に基づく申請が行われて、検索結果から消えてしまったり、それに伴って、検索エンジンからペナルティが課せられて、インデックスが全て消えてしまうといった結末を迎える可能性もあります。

リライトの意味を正しく理解した上で、あなた自身のオリジナルコンテンツになるまでMSRを使ったり、必要な文章を追加するなどしましょう。

>>「文章リライトツール MSR」の詳細はこちら