秒速スキャルFX

秒速スキャルFXは、レビューサイトによって高評価と酷評に明確にわかれています。
このため、どっちの意見のほうが信憑性があるのか分からないというところではないでしょうか?

秒速スキャルFXを高く評価しているのは、アフィリ報酬が欲しいだけの悪人だから、低評価こそが真実だと考えれば話は簡単です。
「買わない」という結論しかありませんよね。

しかし、手法を吟味した上で高評価・低評価をつけるレビュアーも少なくないため、どれが本当なのか混乱するのではないかと思います。
高評価・低評価のどちらにも、それなりに正しいと思えるだけの根拠がしっかりと書かれていますので、どれが信頼に足るのか判断がつかないのではないでしょうか?

あなたの判断に役立つ評価基準になれば幸いです。

秒速スキャルFXのトレード手法

秒速スキャルFXは、トレンド途中の天井・天底を狙う「押し目買い・戻り売り」のロジックです。
トレード推奨通貨ペアは以下の7種類です。

  • ドル円
  • ユーロドル
  • ユーロ円
  • ポンドドル
  • ポンド円
  • オージードル
  • オージー円

4時間足チャートでMTF(マルチタイムフレーム)分析を用いてトレンドの有無や方向性をチェックした後、1分足チャートでMACD・RSIと言う2種類のテクニカル指標、ダウ理論やライントレードを活用してトレードチャンスを見極めると言う流れになります。

エントリーした後は、リミットとストップをOCO注文で指定するだけですから、損切りや利益確定が自動的に行われますので手間がかかりません。
多くの場合は、数分程度で決済が完了します。

>>「秒速スキャルFX」の詳細はこちら

評価が大きく別れる原因は?

秒速スキャルFXで学ぶトレード手法自体は多くのFXトレーダーが行っていますし、誰がやっても損失しか出ないクソトレードではなく、十分な優位性がありますので、普通に評価できる部分です。

一方、秒速スキャルFXの評価が大きく別れるのが、裁量判断に関する部分です。

秒速スキャルFXのセールスレターを見ていると、「無裁量でスマホ片手に気楽に稼げる」などと言った勘違いをするように仕向けている節が感じられます。
実際のトレード手法と見ていると、あまりにも食い違いが大きいという点で、低評価をつけたくなるのは当然でしょう。

ダウ理論やライントレードなどは、理論的な内容だけでなく、トレード経験を積み重ねて、通貨ペアのクセなどを熟知していないと、なかなか正しい判断はできません。

秒速スキャルFXでは学習用動画や練習問題など、十分な質と量のコンテンツが用意されていますので、プライスアクションやライントレードなどをしっかりマスターしたいという希望に十分にこたえられるのではないでしょうか。

秒速スキャルFXのコンテンツ動画を見ていて、何かわからないことがあれば、動画の下に用意されているコメント欄に質問を書き込めば、スタッフが回答してくれるコメントサポートが無期限で使えますし、メールサポートも3ヶ月間使えますので、疑問を抱えた状態のままで悩む必要はありません。

7種類の通貨ペアを同時にスマホ1つでチェックするのは至難の業というか、現実離れしているようにすら感じます。
監視対象の通貨ペアを増やす場合は、タブレットやパソコンの大きな画面でチェックするほうが自然です。チャート監視用と売買用といった具合に、複数のモニタに分けたほうが安全なトレードができます。

また、不定期でオンラインセミナーや対面式フォローセミナーも開催されており、参加費用は無料ですから、ここでも質問できるチャンスが用意されています。

セールスレターの煽りは評価せず、トレード手法や本気で学習できるサポート体制や学習環境が揃っているという点に注目した人は高評価を付けているケースが多いようです。

>>「秒速スキャルFX」の詳細はこちら