20代向け不動産投資完全マニュアル

2010年をピークとして日本も本格的に人口減少時代に入りました。
2065年には約8800万人まで人口が減少すると予測されており、「家余り」の状況で不動産投資をするのは自殺行為だと言われるようになっています。

しかし、日本全体で見れば人口が減少していますが、地方では限界集落の増加や集落消滅が起こっている一方、東京23区や周辺地域は人口が増え続けているという具合に、地域によって大きな差が見られます。

場所と物件を選べば、人口減少社会でも不動産投資で成功することは可能ですが、ハードルは高くなるばかりと感じているのではないでしょうか?

特に、「お金がない・人脈がない・知識がない」状態の20代でアーリーリタイアを狙おうとすると、

  • なかなか良い利回りが得られる物件が見つからない
  • 物件を見つけても金融機関が融資をしてくれない
  • 不動産投資の勉強をしていても成果が出ない
  • 経験が少ない、若造だと馬鹿にされて不動産業者に相手にされない

などといった具合に、さまざまなハードルがあるものです。

不動産投資家のEstatehitこと堀野航太郎さんも、以下のような流れで失敗する不動産投資家が少なくないと指摘します。

  • インターネットの「健美家」で高利回り物件を探す
  • 不動産業者に電話をして、値切り交渉をする
  • (表面的に)高利回り物件を銀行に持ち込む
  • 物件の中身がひどいので銀行に断られる
  • 自己資金を多く入れて、無理やり購入する

金融機関からの融資を断られた時点で諦めれば、金銭的な損失はありませんので、精神的な痛手はあっても、まだマシです。

自己資金を入れて買ってしまうと悲惨なもので、物件は不良債権化する上に資産価値も失われてしまい、手持ちの資金もなくなるために、次の物件探しもできなくなるといった「どん詰まり」の結末を迎えます。

これでは、不動産投資からも撤退せざるを得なくなりますので、絶対に避けたいものです。

そこで、堀野さんが、不動産投資経験がなく、マイホーム向け融資でも審査が通りにくい20代の不動産投資家が、可能な限りスムーズに不動産投資で成功するための方法をマニュアルにまとめました。
それが「不動産投資で28歳で月70万、資産8000万を築いた方法」(20代向け不動産投資完全マニュアル)です。

「20代向け不動産投資完全マニュアル」の内容

大きく分けると、以下の3つのステップになります。

  • いい物件情報が入ってくる仕組みを作る
  • 入った物件情報をソフトで計算し、5つのポイントをクリアするか判別する
  • 基準をクリアした物件の調査をし、問題なければ購入する

200ページを超えるテキストと、合計146分の動画・音声で詳しく学ぶことができます。

また、この3つのステップを実践するために必要なツールもついてきます。

積算価値計算ソフト

面倒な積算計算作業を一瞬で行ってくれます。(Excelファイル)

収益計算ソフト

表面利回り、実際の利回り、ROI、減価償却などが一瞬で表示されます。(Excelファイル)

ローン残高計算ソフト

ローンの月々の支払額や支払総額などが瞬時にわかります。(Excelファイル)
ローン残高が地価以下になる時期や売却時の利益計算、ローン残高の推移などがひと目で分かります。

その他

  • 不動産業者に営業する際に重宝する自己紹介資料
  • 損益計算書シミュレーションソフト(Excelファイル)
  • 貸借対照表シミュレーションソフト(Excelファイル)
  • 不動産作業仕組み化ツール
  • 購入者限定メルマガ無料受信権利
  • 「Estatehit」一棟購入までの不動産資料集

不動産投資とは全く無関係ですが、株式トレードで利益を出しやすいIPOについて書かれた「IPO購入マニュアル」もついています。
興味のある人は参考にしてください。

>>「20代向け不動産投資完全マニュアル」の詳細はこちら