アルバイトのローンと審査

アルバイトで働きながら、ローンを利用したいという時に気にかかることとして、審査を通過かできるかがあります。ローン会社からお金を借りる際に避けては通れない審査について、大切な事をいくつかお話しましょう。アルバイトの人にお金を貸す側のローン会社が審査の時に確認するものの中に、借り入れを申し込んでいる人の信用度というのがあります。信用とは英語のCreditを意味する経済上の用語で、支払いを一定期間後に行う能力です。アルバイトの人の場合は正社員の人と比べて、収入額が少ないだけでなく、収入自体も不安定である傾向もあります。アルバイトと正社員で、正社員のほうが信用が高いのは、毎月決まった給料が入るためです。会社の経営が苦しくなって、社員を減らして対応しなければならないという状況になれば、まず人数を減らすのは、アルバイトの人からになります。安定した収入が継続してあるかどうかをローン会社は申し込み時に必ず審査しています。継続した収入はどうかは、今のアルバイトの勤務年数を見て判断されます。複数のアルバイトを掛け持ちしていても、していなくても良いのですが、少なくともメインとなるアルバイトは継続して半年以上は勤めていることが、最低限必要な条件になっているそうです。何年か前に法律が見直されたことにより、正社員でも、アルバイトでも、年収の三分の一をオーバーしないような金額だけが借り入れ可能という状況になっています。ローンを組む時には事前に収入額と借入額を計算して、収入の3分の1以上の借り入れ金額にならないようにする事も、審査が通る為には必要なことです。借りたお金を確実に返せるようにしておくことは、ローンにおいては非常に重要です。アルバイトでもローンは使えますが、返済トラブルが起きないように気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする