カードローンとキャッシングの違い

キャッシングと、カードローンの間には、異なる点があるでしょうか。カードローンとはクレジットカードやキャッシュカードで指定された銀行口座を通じ、一定の限度額の範囲内で自由に繰り返し借りることができる融資です。カードローンの場合、直接窓口はもちろん、ATMやキャッシュディスペンサーで借り入れすることができます。カードローンでは、借りたお金は何度かに分けて返済するというスタイルが一般的です。銀行系、信販系、消費者金融系など、様々なカードローンが存在しています。キャッシングというのは、クレジットカードやキャッシングカードに付いている機能を利用して、ATMやキャッシュディスペンサーから現金を少額から借りられる融資のことです。カードローンと、キャッシングで違う点は、どのように返済するかです。キャッシングは、次の引き落とし日にまとめて精算をする形になりますが、カードローンは毎月支払っていきます。ですが実際にはキャッシングと呼ばれているものでも、返済方法がリボ払いになっているものもあります。カードローンとキャッシングには、はっきりとした線引きがなくなってきているのも事実です。両者の金利を比較した場合、カードローンは10%前後、キャッシングは20%という高金利での融資を行っているところが大半のようです。消費者金融などでは、利息制限法の上限ぎりぎりの金利というところもあります。もしもお金を借りたいのであれば、キャッシングと、カードローンから、利用しやすいほうにするといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする