風花言響スーパープレミアム

「風花」シリーズでブログアフィリエイトなどのマニュアルを数多く販売してきた「風花未来」こと高田康孝さんですが、東日本大震災や栄村大震災、紀伊半島豪雨などの自然災害が続出した2011年に、ある病気の手術後に大量の出血をしたことで、一時、生死をさまよったといいます。

その後、無事に健康を取り戻した高田さんですが、仕事を再開するにあたって何から始めようかと思ったところ、ライター生活の原点に戻って「ライティング」を教えることにしたというのがきっかけで始まったのが「言響(こだま)プロジェクト」であり、その成果物としてマニュアルになったのが「風花言響」です。

風花言響のポイントを纏めました。

  • 一般的には面白くないと思われている「文章の書き方」講座を、面白くすること
  • 文章を書くことが苦手な人、忙しくて時間がない人も、効率よく上達するプログラムであること
  • 「言葉」の持つ「底力」を引き出すこと

風花言響は何度かリニューアルを繰り返して、現在は「風花言響スーパープレミアム」となっています。

>>「風花言響」の詳細はこちら

風花言響とは何者なのか?

風花言響(かざはなこだま)は、googleが求めている「質の高い文章」を作成するための手法を説明したものです。

もちろん、単純にパクリではないオリジナルコンテンツを用意すればいいというものではありません。
読者が読んで良い評価をするような文章を作成することが最も重要なポイントです。

刺激的なタイトルを付ければいいとか、最初の数行は次の文章を引きつけるための「リード」だから、興味を引くようなことを書いていけば、内容がデタラメでも問題がないなどといった小手先のライティングテクニックを駆使しても、肝心の文章が退屈極まりないものだったり、変に誘導的で、読んでいて不快感を感じるような内容では意味がありません。

風花言響では、単なるビジネス用のテクニックだけでなく、「言葉」と「自分自身の可能性」を広げるために知っておくべき知識や知恵を学ぶことができます。

風花言響で学んだ結果、

  • 情報や意志を正確に伝えられるようになる(伝達力のアップ)
  • 伝えたい思いを豊かに表現できるようになる(表現力のアップ)
  • ブログやメルマガなどの読者の満足度をアップさせることができる(集客力のアップ)
  • コミュニケーションの力がアップするので、ビジネスをはじめとする人間関係が改善される(対話力のアップ)
  • 仲間(友達)が増え、お互いに協力できるようになる(連帯力のアップ)
  • インターネットでの商品売上がアップする(販売力のアップ)
  • 文章力を向上させることで、同じジャンルのライバルに差をつけられる(差別化の実現)
  • 自分らしさを発見し、それを伸ばしてゆくことができる(自己啓発)
  • 自分を変え、未来をより良い方向に拓ことができる(自分力のアップ)
  • 「自分の言葉」を持ち、「自分の言葉」で語れるようになる(自分ブランドの確立)

などと言った、数多くのメリットが得られるようになります。

>>「風花言響」の詳細はこちら

風花言響の内容

入門編

  • 言葉が伝わらない原因 を知ってください。
  • 「伝わらない」から「伝わる」への転換は難しくない。
  • 「言葉の底力」のスゴサをしっていますか?
  • 目標設定すると最初の一歩 が簡単になります。
  • 初心者卒業の近道は「基本ルールのマスター」
  • 文章力の原動力を知ると実践が加速します。
  • Web文章の特質を知らないとミスを連発することに。

「10分間トレーニング」7回分が別途用意されています。

行動編

  • 書くことの優先順位は、何位ですか?
  • 意外と知られていない「ブログ記事の基礎事項」
  • 「6W4H」の意味を、あなたは言えます?
  • 「記事タイトルの書き方」のツボ、教えます。
  • ブックレビューに挑戦してください。
  • 初心者でもできる、こだま式3部構成とは?
  • 「風花初芽」の構成法とは違う「こだま式ドラマチック構成法」
  • これを知るとガラッと変わる「自分メディアライターの文体」とは?
  • 商品が自然に売れてゆく「天使のセールスライティング」
  • 五感に訴える文章を書くと、何が強くなるのか?
  • 「物語空間」を多くの読者が求めている理由
  • 言葉の力のスゴサを、もう一度確認しましょう。
  • 風花が体験した文章修業の方法を暴露してしまいます。

「10分間トレーニング」8回分が別途用意されています。

風花言響スーパープレミアムでどう変わったのか?

「風花言響スーパープレミアム」にバージョンアップする際に新たに追加されたのが「風花香凛」です。
風花香凛は、スマホ特有の液晶画面サイズに合わせた文章作成術です。

パソコンやタブレット向けでは珍しくない1万文字を超える長文だと、スマホだと文章が縦長になることから、読者は途中で読むのを飽きてしまい、離脱される傾向が高まります。Webサイトの文字数を調べた調査結果によると、1記事平均1500文字、長くても3000文字までが限界といいますので、1500文字から2000文字程度に抑えるライターが多いようです。

風花香凛では、単に文章の長さに着目するだけでなく、スマホ時代において、より速く、より印象深く伝えるための表現術を学ぶことができます。

風花香凛で学んだ結果、

  • スマホ時代に対応する、効果(反応率)の高い最新のライティング術が身につけられる
  • スマホユーザーの心理を把握することで、読者をリピートさせ、購入へと誘導する方法を知ることができる
  • スマホ閲覧者のハートをつかむ、「香凛」オリジナルの文章構成法を習得できる
  • 「スマホ読者の目を釘づけにし、再訪問させてしまう、とっておきの決め技」を知ることができる
  • 売りたい商品を、きっちりと売ってしまえる、ゆるぎない販売力を身につけられる

などと言った、数多くのメリットが得られるようになります。

>>「風花言響」の詳細はこちら

追加された「風花香凛」の内容

  • スマホの普及は、危機か、チャンスか
  • スマホ読者の心理を深く読み取ると意外なヒントが
  • スマホ読者を逃がさないための「香凛視点」とは
  • 誰に向かって書くのか?
  • 何を、どのように書くか
  • スマホ対策でハマりやすい3つのワナと、その回避法
  • スマホ読者に読んでもらいやすくなる「記事構成法」
  • スマホ読者向けに記事を書き換えてみる
  • 決めゼリフの挿入
  • 要約(おさらい)の挿入
  • 「繰り返し」の重要性
  • キラリと光る宝石に出逢うために

>>「風花言響」の詳細はこちら

風花言響スーパープレミアムの購入特典

  • 購入者限定メルマガ「こだまレター」購読権利
  • 風花言響補足メルマガ「雨ニモマケズ」購読権利(21回分)
  • バージョンアップ版の無料受取権利
  • 風花式ブログ記事チェックシート
  • 風花セミナーに無料招待
  • 風花ワークショップに特別価格で招待

>>「風花言響」の詳細はこちら