コンテンツメーカーPERFECT

ネットビジネスと言うと、何を思い浮かべますか?

  • 転売、せどり
  • 物販、ネット通販
  • アフィリエイト
  • ドロップシッピング
  • 情報販売、情報起業
  • マッチング

などといったところでしょうか?

スキマ時間を使って効率よく稼ぐと言った「副業」のイメージとは程遠く、とてもじゃないが片手間では稼げないものばかりで、頭を抱えているかもしれません。
あなたも今までにチャレンジしたものがあるかもしれませんが、成功できずに挫折したのではないでしょうか。

サラリーマンとは異なり、嫌いな仕事を我慢して無理やり取り組まなくてもいいというのが、ネットビジネスのメリットですが、

  • 何が正しいのか
  • 何が自分に合っているのか

という重要なポイントが抜け落ちたままでは、結局は「安易に稼げる」と言われるビジネスばかりを選ぶようになってしまい、自分に合わずに挫折するという繰り返しになるわけです。

これでは意味がありません。

自分にあったネットビジネスとは?

ビジネスプロデューサーの平野久信さんは、これまでに多くの人からネットビジネスに関する相談や質問を受けてきたそうですが、
「これから何を始めたらいいのか」
と言う質問に対する回答は一貫しており、「コンテンツビジネス」だといいます。

コンテンツビジネスというのは、その名前の通り「コンテンツ」を作成して販売するビジネスのことですが、その内容を正しく理解できていないと、全くピント外れな商品を開発/販売してしまい、全く売れないと言う結果になりかねません。

コンテンツと言って、映画や音楽、アニメ、ゲーム、漫画、キャラクターなどの創造性が求められる「知的コンテンツ」を連想すると、自分には才能もセンスもないから無理だと言って諦めがちですし、アプリやデータなどはライバルが多く、競争も激しいことから、売れそうなものを作れる自信がないから無理だと考えがちです。

松井宏樹さんは、全くの素人を何人もコンテンツ作成者(コンテンツメーカー)として成功させてきた実績がありますが、他にはない斬新な切り口をもった独自コンテンツの作成方法を教えてきました。

大きく分けると、以下の3ステップになります。

  • 何らかのアイディア(着想)に価値を見い出す
  • それを必要とする具体的な人物をイメージする
  • その人に最もふさわしい伝達手段を選択する(動画、文章、セミナーなど)

あなたの「独自コンテンツ」を武器に、ターゲットにとって最も都合の良いスタイルでビジネスを行えば、需要を外す心配はないというわけです。

独自コンテンツなんで全く何一つ思い浮かばないと言う人は、そもそも売る資格すらありませんので、コンテンツビジネスには最も不向きな人です。
とはいえ、実際には思考停止状態に陥っているだけの人が多いことから、現在取り組んでいるビジネスを徹底的に俯瞰してライバルがいない領域を見つけ出すことはできる場合は意外に多いです。

しかし、自分自身にコンテンツ作成能力がなかったとしても、能力がある他人を見つけてきてプロデュースをすればいいわけですから、失礼を承知のうえで言うと、頭は悪いけど人脈だけは広いという人や、自分が不得意だったり全く知らないジャンルでコンテンツビジネスに取り組むのには最高のチャンスです。

コンテンツビジネスで必要な知識や手法をまとめたのが「コンテンツメーカーPERFECT」となります。

マニュアルだけでなく、商材の内容上、実践が中心となりますので、行動しなければ何の役に立ちません。

>>「コンテンツメーカーPERFECT」の詳細はこちら